WinTopoの使い方が日本語で書いてあるサイトをお探しですね。

広告

WinTopoの使い方

↓7件紹介します。

●Wintopoの使い方
http://yakushima-tonbo.com/jw_cad/wintopo/wintopo.htm

●ラスターベクター変換ソフトの \”WINTOPO\” – 雑記帳
https://blog.goo.ne.jp/debugroom/e/e4a8e3204bf0f4e6d42f48695d7e2217

●WinTopo – Raster to Vector conversion Software
http://www.softsoft.net/wintopo/

●ラスタ・ベクター変換ソフト Win Topo の紹介
https://lala.quu.cc/wu_uw_oo/rasvecwintopo.htm

●Jw_cad for Windows
http://hiraga.cyber-ninja.jp/wintopo.htm

●PCお役立ちmy辞典: 簡単なWinTopoの使い方(フリー版)
http://oyakudatimyjiten.seesaa.net/article/24436451.html

●untitled
http://www.obraclub.com/Library/etc/vol103-WinTopo.pdf

過度の期待は禁物

ラスターベクター変換を自動で行いたいというニーズは、CADを扱う人には有る事でしょう。

現状PCで行う事のできる事は、プログラムに打ち込んだ事のみです。

AIであっても、途中で数学的計算を行い、開発者でも内部で何を行っているかわからない計算を行っているだけです。

人がトレースすれば、文字か線かノイズがかかっていても判別できる場合は多いでしょう。

多分今後のラスタベクタ変換はAIが行うように

AIの画像認識は従来のプログラムを行ったシステムより高精度でできるところまできました。

ラスタベクタ変換も機械学習で大量のデータを流して試行錯誤すれば、特定の用途に限り人の仕事を上回るようになるかもしれません。

人が行う仕事の方が質の高い事に気づく

システムが優秀になっても、おそらく人が見れば駄目出しができるケースが多いでしょう。

AIを道具として使い、人がより質の高い仕事を楽にできる、そんなレベルで留まって欲しいです。

何もかも機械が行い、機械に毎日使われるそんな世の中にはなって欲しくないものです。

広告

関連コンテンツ