16tラフタークレーンのCADデータをお探しですね。

広告

ラフタークレーンのCADデータ

↓7件紹介します。
●CADデータ | データ提供サービス | 株式会社タダノ
https://www.tadano.co.jp/service/data/data2.asp

●CADデーター【移動式クレーンの辞典】
http://www.hitati.co.jp/data-cad.html

●木信産業株式会社ホームページ|仕様書・CADデータ
http://www.mokushin.co.jp/machines.html

●CAD図面ダウンロードサイト クレーン16ton
https://www.tectsukasa.com/download/html/crane/16t/16t-1.html

●ラフテレーンクレーン│JOUSAI│クレーン、トレーラー、高所作業車のレンタル・リース
http://www.jousai.co.jp/biz/rough.php

●クレーン|市原クレーンサービス株式会社
http://www.ichihara-cs.co.jp/02_crane/index.html

●16tラフタークレーン
http://nishifukuoka.com/products2012.html

作業は天候にも注意して

地表で風が弱くても、上空では暴風が吹き荒れている事もあるかもしれません。

気象情報にも細心の注意を払い、できれば作業を行う日の予想高層天気図で風の強さを読み取り活用した方が良いでしょう。

ソフトがあればいいのですが、気象予報会社のサービスを受けるのも良いかもしれません。

気象予報士の人なら何らかのデータを入手する方法を知っていると思います。

気象予報士の資格はどういう時に活きるかと言えば、あまり意味もないのかもしれません。

天気予報なんて最新の予報が無料で見られますし。

ソフトを組める人はテレビでも流れない情報を見る事ができますが。

所有者は通行道路の許可も

ラフタークレーンを道路上で移動させるためには、所有者が関係機関に許可を取らなければなりません。

許可が下りるまでには時間がかかります。

余裕を持って申請しましょう。

限界性能にも注意

クレーンを伸ばしてどれぐらいの重量に耐えられるか、クレーンを設計した会社なら確かな数字を持っていると思います。

経験豊富な人もある程度安全範囲を把握していると思います。

無理はしない事でしょう。

広告

関連コンテンツ