配管アイソメ図の書き方をお探しですね。

広告

配管のアイソメ図の書き方の参考サイト

↓10件紹介します。
●エルボ継手の配管図面記号
http://www.hkpnote.com/sign/sign04.html

●ダウンロード: JW_CAD(win)用設備線記号変形集ver1.2 – 建築フォーラム(farchi)
https://www.farchi.jp/downloads/index.php/84

●ハルス設計
http://park3.wakwak.com/~harusu/

●>蜻蛉の部屋(CADと情報のHP)
http://www1.odn.ne.jp/~tonbo/

●株式会社タニカワ
http://www.jw-club.net/

●電設施工図配管・配線種別線記号の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/dos/business/se062089.html

●ストレーナなど配管部品の図面記号
http://www.hkpnote.com/sign/sign11.html

●軸測投影図法
http://cc.musabi.ac.jp/zoukei_file/03/seizu/NewFiles/jikusokutouei.html

●配管図アイソメ作図 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=gvqaWnJT1G0

●CAD フリーデータ/給排水設備図、配管記号、アイソメ図、洗面台
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/51haikan.htm

Google画像検索でゴールのイメージを探す

Google画像検索は優秀でいろいろ見せてくれます。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

会社にある図面が見本になるのであればそれを見て作るべきですが、それが用意できない時には何も無いよりは良いでしょう。

工程をすべて紙に書き順序立て作成計画を

図面を書くには必要な数字を整理したり、CADで図面枠をどこかから取ってきたり、いろいろな段取りがあると思います。

見本となる図面を見て何をしなければならないのか、もれなく書き出し、それが終わったら番号を振って清書して時間などを書き込んで計画書を軽く作りましょう。

2回目以降になればそんなものは要らなくなるのかもしれませんが。

絶対やり遂げるという気持ちがあればなんとかなる

アイソメ図はなかなか面倒そうです。

最初はやり遂げる事を目標にし、次からは時短や省力化を狙ってもいいと思います。

広告

関連コンテンツ