螺旋階段の書き方をお探しですね。

広告

螺旋階段の書き方の例

↓4件紹介します。
●階段、螺旋階段の描き方 | 絵師ノート
http://esinote.com/guide/background/stairs

●らせん階段の描き方│手描きパースの描き方ブログ、パース講座(手書きパース)
https://kazushi.hamazo.tv/e7439776.html

●螺旋階段のイラスト特集 – 引き込まれる曲線美。 – pixivision
https://www.pixivision.net/ja/a/1576

●パース描写-パース定規と3Dワークスペースを活用してらせん階段を描く- – 3D – 機能解説!トラの巻 – IllustStudio 使い方講座 – CLIP STUDIO | 創作応援サイト
https://howto.clip-studio.com/library/page/view/illuststudio_tora_3d_071

イラストならフリーハンドで良いが

上記サイトにイラストの螺旋階段を使った例があります。

人物描写が特に素晴らしいと思いました。

あと背景も螺旋階段に見えます。

こういう絵を見てこの世界に進んでいく人も多いのかもしれません。

最近のアニメは背景も美しいものが多いです。

ただCAD図面は、細かいところも見えてしまうので同じとはいかないでしょう。

精度を求めて無駄に時間をかけすぎるのも

手描きのパース等、手書きでいい時は精度を求めて関数電卓でプロットしなくても、思った通りに書いた方が早くて伝わる絵になりそうです。

これもきっと数こなさないと上手くならないのでしょうね。

人によっては絵の先生から指導を受けている人もいるかもしれません。

芸術の世界はある程度までは先生の教えを得ないで我流でやっていると、悪い癖が身についてしまう恐れがあります。

ものによっては我流でもいいものもあるかもしれませんが。

本当に精度を求める現場もありそう

巨大な建築物等、曖昧な指示でできない現場もあるのでしょう。

おそらくフリーハンドの絵は通用しないでしょう。

設計のごく初期であれば絵も使うかもしれませんが。

大きな仕事はある程度道具も人も揃っている会社が行うので、螺旋階段も労せずボタンを数回押すだけで絵ができるCADソフトが有るかもしれません。

どの仕事も繰り返すと早くする方法が考案されたり、初めては時間がかかるというのは仕方のないことなのでしょう。

広告

関連コンテンツ