原寸大がスケール1分の1になっていることについてお探しですね。

広告

原寸大とは

原寸大ということは実物と同じ大きさで平面に描かれていたり、模型として作られているということです。

大きいものの場合は原寸大で作ってしまうと、大きすぎて扱いが難しくなります。

1分の1というのは実物を1分の1で作ったということで、原寸大とほぼ同じ意味となります。

例えば10分の1となった時は、1mの大きさの物体を10cmで描いたり模型にする事が想像できます。

2つのスケールがあって何倍かわからない時は、紙を使って筆算を行ったり、電卓を使いましょう。

大概は2倍だったり10倍だったり計算のしやすい縮尺になっていることが多いのですが。

↓1/1はこちらのサイトでも解説しています。
●1/1 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/1/1

1/1ガンダムが話題になった年もありました。

懐かしいです。

プラモデルは小さくないと個人では扱いにくいということでしょう。

プラモデル

昔は子供達の間でプラモデル作りが流行っていた時代がありました。

私はあまり興味が無く、今では使い物にならない当時のパソコンでプログラムをいじったり、ファミコンで遊んでいました。

プラモデルもパッケージに何分の何スケールと書いてありそうです。

とても原寸大なんて作れないでしょう。

作っていくと作品の置き場が必要になっていくのですが、みんなどうしたのでしょうか。

私なんてプラモデルでなく本ですら置き場に困るぐらいなのですが。

地図

地図も原寸大では使いにくそうです。

用途によって数十分の1から数万分の1等いろいろあります。

今はパソコンを使って縮尺を変えるのが簡単になりましたが、手書きの時代は苦労したでしょう。失敗は許されなかったことでしょう。

ただそのおかげで仕事に就けた人はたくさんいたのでしょうけど。

機械

機械設計もCADのおかげで省力化できた方でしょう。

こちらは紙に収まるサイズの部品であれば、原寸大で描ける場合もあるかもしれません。今は加工技術がすごいと聞きます。

コンマ何桁までの精度で部品は加工され収められているようです。

建築

こちらは原寸大とはいかないでしょう。

建物の図面で活躍しそうです。

Jw_cadが活躍するのは主にこのフィールドでしょう。

業務CADを使っているところも多そうですが、Jw_cadでも無料で充分使える機能はあるようですし。

広告

関連コンテンツ