動力盤図をお探しですね。

広告

動力盤図の例

↓4件紹介します。
●電灯盤・盤図 埼玉東京の電気工事、動力設備等は(株)OkaDenへ
http://www.okaden.tv/cad/dentouban.htm

●動力盤・盤図 | 埼玉東京の電気工事、動力設備等は(株)OkaDenへ
http://www.okaden.tv/cad/douryokuban.htm

●Jw Cad for Windows で電気設備図面(設計図・施工図・盤図・配線図・系統図など)を作成!
http://www.okaden.tv/cad/

●制御盤とは何かが分かる-速習したい初心者のための制御盤入門 | ある電機屋のメモ帳
https://elec-tech.info/seigyoban1/

Google画像検索でも例が見られる

↓Google画像検索で”動力盤図”を検索すると、図面らしき画像をいろいろ見る事ができます。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi

凡例と図面を入手・見比べて解読する事から

図面を初めて見る人は、読み方を覚える事から始めなければなりません。

凡例をだいたい頭に入れ、図面で一つ一つ対応させてどういうことを意味しているか、あと何がわかれば全部完璧に理解できるようになるのか、考えながら眺めましょう。

おそらく業務で動力盤図を書く事になる人は、ある程度電気について勉強されている方が多いでしょう。

自分の頭を信じましょう。

きっと突破口を開けるはずです。

できれば会社で過去の図面を見せてもらった方がいいのでは

図面も分野によっては、その地域特有の記号の凡例もあるかもしれません。

会社で過去に作った図面であれば、それが反映されていると思います。

おそらく図面の事について何を聞かれても答えられるエキスパートの人も会社内にいると思います。

わからない事は早めに聞いておいた方がいいでしょう。

黙っていると、わかるものとみなされてしまいますし、自己判断で行ってはならない記述も有るかもしれません。

いきなりCADに入力しようとしているからできないという可能性もあります。

一回大きめの紙に下書きをするとハードルが下がると思います。

CADの操作に習熟していないからできないという場合もあるかもしれません。

それはやるしかないです。

最初のうちは大変ですが、数日後には自然にできるようになります。

わからない操作は聞くしかないでしょう。

広告

関連コンテンツ