グラスウールのCADデータをお探しですね。

広告

グラスウールのCADデータ

↓2件紹介します。
●グラスウール | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%AB.html

●断熱材 | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E6%96%AD%E7%86%B1%E6%9D%90.html

どちらのデータもJw_cadに対応しているとの事です。

AutoCADなら付属の機能でできるみたいですが。

便利に使わせてもらいましょう。

グラスウールとは

Google検索やGoogle画像検索で”グラスウールとは”を調べると、概要がわかると思います。
●Google
https://www.google.co.jp/

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi

防音、断熱の効果が

↓こちらのサイトに効能が書いてあります。
●一般建築用グラスウール|GCボード|グラスウール断熱材のパラマウント硝子工業
http://www.pgm.co.jp/items/product_general05.html

一般家庭でも予算と用途によっては、グラスウールを使う建物を作る事が有るかもしれません。

ピアノ等の楽器はいくら上手な演奏であっても、よいと思わない人が近所にいてトラブルになる事も有るかもしれません。

それを少しでも防止できるのであれば、意味のある出費と言えるでしょう。

楽器演奏やカラオケルームには必須かもしれません。

あと冷房・暖房の持ちが良くなる効果も期待できます。

2018年は冬の寒さも夏の暑さも半端ではなかったので、グラスウールは今後注目の素材となるかもしれません。

地球にも優しい

↓グラスウールのメリットについて書いてあります。
●グラスウールとは | グラスウール断熱材・吸音材のマグ・イゾベール(株)
https://www.isover.co.jp/products/glasswool

ガラスの瓶のリサイクルが瓶のリユースだけだと思っていました。リユースとなると瓶もきれいに洗わなければなりませんし、新しく作った方がコストが安いのではという気もしていました。

グラスウールのように形を変えてもコストが安ければ、経済的にもエコと言えるでしょう。

広告

関連コンテンツ